突然やってくる自然災害

全国各地で今後30年内に震度6弱以上の大地震に見舞われる確率を示した

2016年版の「全国地震動予測地図」を発表されました。

 やはり太平洋側が軒並み高い確率になっています。

yosoku0.jpg

※今回の地震動地図は16年1月1日を基準にしているため、4月に発生した

熊本地震の結果は反映していないようです。

丹波付近をみると・・・・確率は低いのではないかと思ってしまいますが

地震調査委は「日本は世界的に見ても非常に地震の多い国だ。強い揺れに

見舞われる確率がゼロとなるところは存在しない」と強調、建物の耐震化や家具

の固定など地震に対する備えの重要性を指摘されています。

地震への備えもそうですがこれからはじまる豪雨・土砂崩れその他天災に備えて

の準備はされていますか?

いろんな備え方があると思いますが、インターネットで兵庫県ハザードマップという

サイトがあり、お近くの洪水・土砂崩れの情報や河川のライブ映像で川の水位など

の情報を調べる事が出来るサイトがあります。

http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/

見た事がない方は一度お近くのお住まい災害情報を確認しましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です