月別アーカイブ: 2021年3月

電車でgo!

JR福知山線の篠山口以北の駅がICOCA対応になった。丹波市内の各家庭にもICOCAカードが配布された。便利になって良かった。ふと思い出したことがある。

以前、遠方に行く用事があり電車を利用した。車で行くことも考えたが、時間が読めず絶対に遅れることがダメだったので始発電車を利用した。午前5時頃にJR柏原駅で切符を購入しようとしたところ、目的の駅が近郊料金の範囲外みたいで料金表示が無い。自動券売機の隣に「みどりの券売機」があり、遠距離はこちらで買うみたいだった。が、なぜか営業時間外で稼働していない、始発が動くのに・・。駅員さんも早朝でいない。仕方ないので、目的駅で乗り越し精算するか車内で車掌さんから購入すればいいと思い、とりあえず一番遠くの駅までの切符を買って始発電車を待った。やって来た電車はワンマン電車。ワンマン電車の終点から快速に乗り換えて目的駅に無事到着した。が、ここで問題が発生。なぜか乗り越し精算機が切符を受け付けてくれない。2回ほど試しても駄目なので、駅員さんに乗り越し精算をしてくれるように頼んだ。              

私 「すんませ〜ん、機械に通らないので乗り越し精算してくださ〜い(*_*)」

駅 「少々お待ちください….、あの~、どの駅から乗ってどの経路でここまで来られましたか??」

私 「は?(・・?)」

駅 「この切符には入場した情報が無いのですよ…(ー ー;)」

私の辿った経路は「無人駅(早朝で無人)→ワンマン電車→ 快速乗換→ 到着」。なるほど、確かにどこから乗ったかの証拠が無い、証明も出来ない。まあ、この後差額精算してもらえましたけど。ちなみ、帰りも同じ経路で帰るので切符はどうすればいいか尋ねると、「みどりの券売機で買えますよ」ってさ。。。オイ!(T_T)

バヌアツの法則

先日の3月4日の22時頃 ニュージーランドでM7.3の地震があり、今朝、和歌山で震度5弱。その前の2月13日の夜の福島県沖6強も3日前にニュージーランドでM7.7。2011年3月の東日本大震災もその前にニュージーランドで地震が起きております。ニュージーランドやバヌアツ付近で大きな地震があると2週間以内に日本も揺れる。不思議な現象が【バヌアツの法則】。今朝の和歌山の地震も南海トラフとは異なる地震との事ですが、怖いですね。。。地震保険は要りますよ!!

車のトラブル

先日、突然、走行中に車がピタっと停まってしまいました。
しかも道のど真ん中で。

いざ自分がその状況に置かれると、頭の中が真っ白で、パニックに。。。

そこであらためて、
万が一、運転中に車にトラブルが起きたら、

まずは、大きな深呼吸をして、落ち着きましょう。(これ、以外と大事です!)

STEP1:ハザードランプを点けましょう

STEP2:速度を落とし、安全な場所に車を停めましょう
 ※もし車が停まらなかったら「停まらない」と焦ってエンジンのスイッチを切ると、電気
  系統がすべて止まってしまうので、かえって危険になります。車を停めるまではエン
  ジンのスイッチを切らないでください。

STEP3:故障車と人がいることを周囲に合図しましょう。
 発煙筒をもち、故障車と人がいることを合図しながら、車の50M以上後方に停止表示機材を立てます。
 ※高速等では、急に止まれない後続車に追突される危険が高くなります。乗員全員
  を路外の安全な場所に速やかに避難させましょう。

STEP4:緊急連絡をしましょう
 出火している場合は119番へ。その他の場合は保険会社へ。

暖かくなると・・・

3月に入りましたが、ここ最近は春の陽気を感じられる日も増えてきました。

暖かくなるのは嬉しいのですが、アレルギー持ちとしては辛い季節です・・・

私は鼻炎と目の痒みが出てくるのですが、我が家の息子は目に重度のアレルギー疾患が出ています。

春季カタルという病気で、まぶたの裏にブツブツができ、ひどくなると角膜を傷つけて視力が落ちてしまうことがあります。

去年、初めて発症したのですが、その時は1.2あった視力が0.4まで下がり心配しました。でもここ数年で春季カタルの目薬が開発されたそうで、とても良く効き、視力もすぐに回復しました。

目薬に限らず、アレルギーの処方薬はたくさん出されているようなので、我慢しないで早めに対処することが大事ですね。