月別アーカイブ: 2017年6月

梅雨

雨の降らない日が続いた梅雨でしたが、今週は雨の日が多いです。ジメジメして嫌です。しかし、作物にとっては恵みの雨ではないでしょうか。雨の降らない日、早朝に芝に水を散布していました。これが実に面倒くさい。ボーとしながら水を撒いているので、水を撒いた箇所とそうでない箇所が分からなくなって二度手間・三度手間になります。おバカです、ちゃんと見てればいいだけなのに。梅雨が明ければ本格的な夏になるのでホームセンターで水の散布器を買ったほうがいいかなと思っています。

この前水を撒いてたら「ピーピー」と鳴き声がしました、それも妙に近くで。声のするほうに近寄ると鳥の雛が側溝から出られなくなってました。近くには親鳥と思われる鳥が2羽つかず離れずでいました。掴んで芝の上に放してやると親鳥と一緒にどこかへ行きました。未だに恩返しに来ません・・・・・。

めだかブーム!?

先日哀川翔さんがメダカブームにはまっているというTV番組がありました。10年ほど前に近所の川で捕ったことをきっかけに飼い始め、テラスの水槽にはザリガニや知人から貰っためだかを飼育。その魅力には、変わった形状を上から見る美しさだという。さらに、メダカを増やしタレントにも配るという、、、実は私も2年前より、ミユキという背中に青いラメが入っているめだかを飼い、今年産卵に成功!!もうすぐ孵化します!増やすぞー!miyuki

軽自動車に白ナンバー

2017年03月20日 10時00分2019年11月にアジア初のラグビーワールドカップが日本で開催されます。。札幌・岩手・熊谷・東京・横浜・静岡・愛知・大阪・神戸・福岡・大分・熊本の12都市で熱い戦いが繰り広げられることでしょう。国土交通省ではこの「ラグビーワールドカップ2019」の成功に向けて、特別仕様ナンバープレートの交付を決定。

寄付金で交通整備を支援

今回用意される特別仕様ナンバープレートは、エンブレムのみがあしらわれた寄付金なしのものと、エンブレムに加えて図柄があしらわれた寄付金付きのものの2種。寄付金の額は1000円からとなり、上限はなし。寄付金は日本デザインナンバー財団が管理し、「ラグビーワールドカップ2019」の各会場への交通利便性向上などに対する支援事業に利用される。

ちなみにこのような特別仕様のナンバープレートが発給されるのは国内初。もともと2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを主眼に企画されていた取組みだったが、先んじて行われる「ラグビーワールドカップ2019」にも適用されることとなったと、国土交通省自動車局自動車情報課では話している。

登録車、軽自動車が対象に

特別仕様ナンバープレートが用意されるのは登録車(自家用・事業用)と自家用軽自動車のみとなる。事業用軽自動車や二輪車は対象外。また、レンタカーなどで用いられる「わ」ナンバー車も対象外となっている。

新規で登録する車両だけでなく、すでにナンバープレート取得済みの車両についても同ナンバープレートへの交換が可能だ。

寄付金付きは、なしのものに比べてにぎやかな印象となっている。また、軽自動車用のものも登録車同様の白いナンバープレートになっているのは注目に値する。

申し込みは2019年11月29日まで。専用ウェブサイトほか、ディーラー、整備工場などでも受け付ける。寄付金の有無に関わらずナンバープレートの交付料金が必要になる。交付は2017年4月3日(月)から。

外したあとは記念品に

「ラグビーワールドカップ2019」終了後も、当該車両を廃車するまで、ナンバープレートは使用することができる。また、元のナンバープレートや他の特別仕様ナンバープレートへの変更も自由だ。外した後の特別仕様ナンバープレートは、不正使用防止のための穴を開けた上てで、記念品として手元に置くことが可能となっている。

「ナンバープレートをつけて応援」という史上初の取組みが、どのように受け入れられてゆくのか興味深いところです。

 

55f5c63240d320db6b658d9c1bd5a065-246x200

巣作り(●^o^●)

先日から暑い日が続きますね!!

鳥も活発に活動をしていますよね。

ついこの間は事務所に朝来て、仕事準備していると壁の向こう側から鳥の鳴き声がするので恐る恐る車庫側のドアを開けてみると、3羽のツバメが車庫の中で飛び交っていました。

何とか不法侵入していたツバメさんに出て行ってもらいシャッターを閉めて巣作り場所提供を断念してもらいました。

ところが、事務所の前の街路樹(高さ7~8m)になんと5~6mあたりに巣らしき物があるではありませんか!!

カラス!カラスの巣です!!!カラスが木の中に入って行くのを見てしまいました。こんな身近な処で巣作りをしていたとは・・・

カラスは3~4月に巣作り  4~5月に産卵  5~6月に羽化し  6~7月の巣立ちのスケジュールらしいです。

その間、近づく外敵には攻撃を仕掛ける様です。

おー怒!!

お隣りの方が自治体に連絡されているようですが、今日・・・現在まだあります。早く撤去を願っております。

追伸・・・

巣作りに木の枝だけではなく針金ハンガーも巣の材料になる様なのでベランダの針金ハンガーの放置はカラスの盗難に注意ですよ!!

 

IMG_3739

 

2017年6月から値上げ商品

ニュースで値上がり商品の事をやっていました。

値上がる商品の原因も気になり調べてみました。

1、ハガキ(郵便料金52円から62円へ)

値上げの理由は人手不足による人件費の増加や利用者の減少による収支の改善だそうです。

消費税増税以外の理由でハガキが値上がりするのは23年ぶりだそうです。

ちなみに年賀状は52円で据え置きだそうです。(ややこし~ぃ)

今回の値上げに伴い新たに62円切手と62円はがきが販売されてます。

2、バター

明治と森永乳業が1日出荷分からバターを1.1%~1.2%値上げです。

先月は雪印メグミルクがバターやチーズなど12種類値上げ

原価の値上げがバターの販売価格に大きく響いているようです。

3、タイヤ

ブリジストンと住友ゴム工業が乗用車向け夏用タイヤの出荷価格を平均6%値上げです。

これも原材料である、天然ゴムや合成ゴムが値上がりが原因です。

ちなみに業界3位の横浜ゴムと4位の東洋ゴム工業は既に値上げに踏み切ってます。

先月車検でタイヤを新しく買い替えておいてよかったです。

4、電気、ガス

大手電力10社と都市ガス大手4社が原燃料費調整制度に基づき、全社値上げをします。

これで5ヶ月連続で全社が値上げしたことになります。

どこまで電気代が上昇するのでしょうかねぇ。

5、ビール

ビール類6月から値上がりです。

これは6月に国税庁が酒の安売り規制を強化するためです。

大手スーパーやディスカウント店の安売りの目玉の一つが規制されたということです。

ビールは毎日飲むという方も多いはず、消費者にとっては痛いですね。

父に日のプレゼントにされる方のではないでしょうか?

今回ご紹介した商品の他にも食品の値上がりは多くあります。

オレンジや国産むね肉、のり、バナナ、かつお、イカなど・・・・

特に食品は私たちの生活に密接しているだけに避けられないですね。

今後も値上がりが続きそうなので本当に心配です。