月別アーカイブ: 2016年6月

潜む・・・食中毒の危険!!

1清潔に!!
○食品に食中毒菌を付けない

対策
★衛生的な環境で
★新鮮な原材料で
★清潔な調理器具で
★清潔な手指で
★ネズミ・ハエ等の侵入を防いで

まな板は別名「菌のマンション」と呼ばれるくらいに細菌に汚染されています。また、使用後のふきんは細菌学的には、ぞうきんより汚いと言われています。洗浄消毒を行い清潔な調理器具を使用しましょう。
 一般に、食品中で食中毒菌が増殖していても腐敗菌ではないので、におい・味・みかけ等には変化がなく見分けが付かないので注意がひつようです。

2迅速に!!
○食中毒菌に増殖する時間を与えない

対策
★調理してから食べるまでの時間を出来る限り短く

細菌はネズミ算式に増えていきます。仮に、ここに1個の菌があり10分に1回分裂すると仮定すると、1時間後には64個、2時間後には約4千個、3時間後には約26万個に増える計算になります。
 食中毒菌の種類や食べた人の状態にもよりますが、だいたい10万個から100万個まで菌が増えないと食中毒は起きないと言われます。いかにして喫食までの時間を短くするかが大切!
   

3加熱または冷却!!
○菌をやっつける
○菌に適した増殖温度を与えない

対 策
★十分な加熱(中心温度75℃で1分以上)
★5℃以下の冷蔵※○65℃以上の温蔵 

加熱できる食品は十分に加熱し、殺菌しましょう。
食品の中心温度が75℃で1分以上加熱することが基本です。中心温度計でチェックしましょう。
冷蔵・冷凍することにより細菌の増殖はおさえられますが、死滅するわけではありませんので常温にもどせば活動を始めます。
冷蔵庫でも、ゆるやかに増殖する細菌もあり、過信は禁物です。
   
01_04

突然やってくる自然災害

全国各地で今後30年内に震度6弱以上の大地震に見舞われる確率を示した

2016年版の「全国地震動予測地図」を発表されました。

 やはり太平洋側が軒並み高い確率になっています。

yosoku0.jpg

※今回の地震動地図は16年1月1日を基準にしているため、4月に発生した

熊本地震の結果は反映していないようです。

丹波付近をみると・・・・確率は低いのではないかと思ってしまいますが

地震調査委は「日本は世界的に見ても非常に地震の多い国だ。強い揺れに

見舞われる確率がゼロとなるところは存在しない」と強調、建物の耐震化や家具

の固定など地震に対する備えの重要性を指摘されています。

地震への備えもそうですがこれからはじまる豪雨・土砂崩れその他天災に備えて

の準備はされていますか?

いろんな備え方があると思いますが、インターネットで兵庫県ハザードマップという

サイトがあり、お近くの洪水・土砂崩れの情報や河川のライブ映像で川の水位など

の情報を調べる事が出来るサイトがあります。

http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/

見た事がない方は一度お近くのお住まい災害情報を確認しましょう!!!

大谷君の最速はまだ伸びる!!

野球にそんなに興味のない方でも、二刀流で頑張る日本ハムの大谷翔平君をご存知の方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな彼が先日、プロ野球最速の163キロをマークしました。

オフシーズンに、かのダルビッシュ投手に体づくりの教えを請い、合同自主トレを行い、体重も増加!!

その成果として、球速が上がっているとの報道もあります。

そんな二人のトレーニングの様子を想像しただけでもワクワクしますねぇ(*’▽’)♪

進化を続ける肉体を完全に操れる様になった時には、さらに記録は更新されそうです。と記事は結んでありました。

今後ますますのご活躍に期待です。。。。。。。

さて、体重が増加→球速が上がる!!ってな事のみで考えますと、私もかなりの豪速球投手間違いなし。

と付け加えまして、はいっ!おしまい(-_-)/—

仮面ライダー

IMG_0820仮面ライダーは保険に入っているのか。仮面ライダーとは、日本の特撮ヒーローであり、スーパー戦隊やウルトラマンと並ぶ特撮のヒーローである。愛車はもちろんバイク(今は違うかな)。では、ヒーローが保険に入るのか。そもそも、日本においては、バイクに限らず自動車の類については一部を除いて自賠責保険に入らなければならない。では、自賠責保険とは何か。自賠責保険とは自動車賠償責任保険の略であり、加入が義務付けられている。うっかり切れていたなんてことは通用しない。しかし、自賠責保険は人に対する補償しかない。怪我の上限は120万円、死亡時は3000万円。物を壊したときには使えない。自動車保険は任意であり、必ずしも加入しなければならないわけではない。しかしながら、人でも物でも使えるので役に立つ。いや、それ以上に人生を棒に振らないで済む。では、冒頭の疑問に答えたい。そもそも仮面ライダーはライダーであり自賠責保険には必ず入っている。任意保険はあくまで任意であり、入っているかどうか定かではないが、ヒーローである限り人生を棒に振りたくないだろうし、また、ショッカー(古い)の持ち物を壊したりショッカー(古い)を轢いてしまったときでも十分に対応できるように、任意保険に入っていると推定される。では、保険料は誰が払っているのか。それは、ライダー本人が払っているであろう。まさかショッカー(古い)に払わせているとは思えない。そんなことをさせていれば、もはやヒーローとは言えない。保険会社はどこだろうか。思うに、それは秘密である。